【経験者の口コミ】Vライン脱毛ってどう?デメリットや安く通う方法についても解説

Vライン脱毛 VIO脱毛
Vラインの脱毛に興味はあるけど部位が部位だけに始めるのが不安!
そんな不安を抱えていませんか?

たしかに、滅多に他人に見られることのないデリケートな部位の脱毛は、なかなか勇気がいりますよね?
でも実はVラインの脱毛にはメリットがたくさんあるのです。

このページではVライン脱毛を安心して脱毛を始められるよう、Vライン脱毛について徹底的に解説していきます。
VIO脱毛のメリット・デメリット、おすすめサロンまで解説していますので、参考にしてみてください。

Vライン脱毛基礎知識

Vライン脱毛のやり方は?

施術時は、サロンやクリニックが用意をしている紙ショーツをはき、仰向けで脚を少し開いた状態でおこないます。
慣れないうちは多少恥ずかしいと感じますが、施術するスタッフは淡々と作業をこなしてくれるので恥ずかしさはすぐになくなるという方が大半です。

Vラインの範囲は前から見た時に見えるアンダーヘア全体を指しますが、ほとんどのサロンやクリニックではアンダーヘアを好みのデザインで脱毛をしてもらえます。

たとえば、人気脱毛サロンのミュゼプラチナムでは、Vラインプレートという専用のプレートがあり、これを参考に逆三角形やスクエア型などの好みのデザインに合わせて脱毛をしてもらえます。
もちろん、Vライン全部のムダ毛をなくすことも可能です。

脱毛の種類としては、まず、サロンのVライン脱毛でよく用いられているのが光脱毛です。
光脱毛は、特殊な光を皮膚に照射することで毛根にダメージを与え、ムダ毛を生えにくくする脱毛法です。
Vライン脱毛のやり方も基本的には他の部位と同じく、Vラインに光を当てて施術をしていきます。

また、クリニックでは、レーザーを使った医療脱毛でVラインの脱毛を行っています。
こちらは、サロンの光脱毛に比べ、効果が高い分、少し痛みが強く、値段が高い傾向にあります。

Vライン脱毛回数目安

Vラインの脱毛期間は、アンダーヘアをどんなデザインにするか?によって異なります。

たとえば、ショーツからはみ出ない程度に脱毛をするだけなら、光脱毛の場合で1年~1年半(5~10回)程度で終わりますが、小さめのデザインもしくは、Vライン全体のムダ毛を完全に脱毛するとなると2~3年(12回以上)かかることもあります。

ただし、Vラインの毛周期や毛質には個人差があるため、これに当てはまらないこともあると覚えておいてください。
また、クリニックでのレーザー脱毛の場合、この半分程度の期間と考えてください。

Vラインの毛周期と脱毛期間について

脱毛するうえで、知っておきたい毛周期についてもお話しておきましょう。

毛周期とは、毛が生えてから抜けるまでのサイクルです。
私たちの体に生えているすべての毛には、毛周期があり、生えている部位によって毛周期は異なります。

毛周期をさらに詳しく説明すると、毛周期には、成長期(毛が生えている期間)、退行期(毛が抜け始める期間)、休止期(次にまた生えるために細胞が休んでいる期間)の3つの周期があります。

これにより体中の毛は、生えては抜けて、抜けては生えて、を繰り返しているのですが、ここで注意したいのが、すべての毛はすべて同じサイクルで活動しているのではなく、同じ部位であっても毛によって周期が異なるということです。

実際に肌表面に見えている毛(成長期)は、全体の20~30%程度しかありません。
残りの70~80%は休止期となり、毛根で次に生えるための準備(休止期)をしているのです。

たとえば、20%の割合で成長期のムダ毛があると考えた場合、3,000本のアンダーヘアが生えている女性であれば、実際に目に見えて生えているのは900本程度となり、残りの2,100本程度は皮膚内部に潜んでいるということになります。

Vラインの毛周期は一般的には、成長期が3~4ヶ月、休止期が3ヶ月、残りが退行期となります。
光(レーザー)脱毛では、成長期のムダ毛にしか光を当てられないため、脱毛サイクルも成長期に合わせて3~4ヶ月ごとになります。

また、さきほども説明したように、Vライン部分の実際に生えている成長期のムダ毛は全体の20~30%となります。
このため、1度の照射で実際に脱毛ができるのは、全体の2割程度、Vライン全体のムダ毛を脱毛しようとした場合、「20%×5回=100%」となりますね。

このことから分かるように、Vラインの脱毛をおこなう場合には、およそ5回1セットというのが一般的になります。
3ヶ月に1回のペースで通う場合、15か月(1年3ヶ月)の期間が必要になります。

個人差はありますが、サロンの場合には5回おこなっただけでは、完全な脱毛にはならないため5回2セットもしくは3セットを繰り返す必要があります。

Vライン脱毛の料金目安は?

Vラインだけの脱毛の場合、料金の目安はサロンで1回あたり4,000~6,000円、クリニックで10,000~15,000円が相場となります。
ただし、これはあくまでもVラインだけの正規脱毛料金です。

大手の脱毛サロンや美容クリニックなどでは顧客獲得のために、さまざまなキャンペーンを行っているので、インターネットなどでこまめに情報を見ていると、信じられないくらいの破格でVライン脱毛ができることもあります。

Vライン脱毛の良い口コミ(メリット)

お手入れが簡単になる

Vライン脱毛、とても良かったです!女性だけでなく男性にもおすすめしたいです。

Vラインがツルツルになって、とても楽です!

Vライン脱毛すると、水着の時も楽ですよ。

水着を着るときや彼氏とのデートのときに備えVラインの処理を日頃からしている女性は多くいますが、実はこれってすごく面倒なことですよね。

でも、脱毛をおこなえば、確実にムダ毛が生えにくくなるので、お手入れがとても簡単になります。
いちいち面倒な処理をしなくてもよくなります。

また、Vライン部分の皮膚はとてもデリケートなのでカミソリや毛抜きなどでムダ毛の処理をしてしまうと、肌荒れが起こりやすくなります。
キレイにしたいから自己処理をしたのに、カミソリ負けで赤く腫れてしまったら本末転倒。

その点、脱毛サロンで脱毛をおこなえば、こうした肌トラブルも回避できるので、いつ見られても恥ずかしくないVラインが手に入ります。

衛生面的にもメリットがある

産後は特にVラインしてよかったって思います!Iもすればよかったです。

生理の時、とても快適です。

アンダーヘアが生えているデリケートゾーンは、とてもムレやすく雑菌が繁殖しやすい状態です。
そしてこれが、女性特有の悩みでもある、アソコのかゆみやニオイなどのトラブルにつながっているのです。

こうしたトラブルを改善するためにもVラインの脱毛は有効となります。
アンダーヘアを脱毛することで、ムレなども改善されるため気になるニオイや痒みなども改善されます。

オシャレの幅が広がる

Vライン脱毛をしたら、下着からはみ出さなくて、安心です

Vライン脱毛をしたので、お気に入りの下着が着られて嬉しいです。

今まではVラインのムダ毛が邪魔で挑戦できなかったカワイイ下着なども、脱毛をすることで積極的にはけるようになることも大きなメリットです。
目に見えないオシャレをするとで内面からの魅力が増すと言われています。

Vラインの脱毛をして下着のオシャレをすればそれだけで気分も上がり、女子力アップを目指せますよ。

Vライン脱毛の悪い口コミ(デメリット)

施術中の痛みは強め

脱毛が痛すぎて、毎回涙が出てしまいます。IラインとOラインはそこまで痛くありませんが、Vはかなり痛いです。

一応耐えられる痛さですが、痛いのは痛いです。

脱毛のデメリットでよく言われるのが施術中の痛みについてです。

脱毛時の痛みについては、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みと表現されますが、最近の脱毛サロンでは痛みを軽減するジェルの開発や、痛みの少ない脱毛マシーンを導入しているため、以前に比べると痛みを感じることなく快適に脱毛ができるようになっています。

また、クリニックでの脱毛では、麻酔を使用することもできるため無痛脱毛が可能です。

脱毛をした部位はもとに戻せない

VIOに関しては、元に戻すことができないので、残すことも考えた方がいいですよ。

ハート型などのデザインやハイジニーナは後からやらなければよかった!となる可能性があるので、あまりおすすめできません。

全剃りは色々と楽ですが、お風呂とか行きづらいです。

Vライン脱毛をした方の失敗談でよく聞くのが、「全部脱毛してしまったけどやっぱり多少のムダ毛は残しておけば良かった」ということです。
脱毛を完了した部位はほとんどムダ毛が生えてこなくなるため、いっときの考えで全部脱毛してしまうと後悔してしまうこともあります。

参考までに、女性のVIO脱毛について男性にアンケートを取った結果では、「VIO脱毛については賛成だけどやり過ぎはちょっと・・・」という意見がほとんどです。

こうしたことを考えると、Vライン脱毛をする場合にはどの程度にすれば良いのか?
よく考えることも大切になりますね。

サロンと美容クリニックどちらが良いの?

美容クリニックとサロンの大きな違いは、扱っている脱毛マシーンが異なることです。
特殊な光(レーザー)を照射することで毛根にダメージを与えムダ毛を生えなくさせる仕組みは、どちらも同じですが、皮膚に当てる照射パワーが大きく異なります。

サロンでの脱毛について

サロンでの脱毛は、レーザー脱毛に比べて光脱毛の効果は低くなります。
ただ、クリニックより安く受けられ、痛みも少ない傾向があるので、初心者の方にはおすすめです。

また、サロン自体には医療従事者はいませんが、ほとんどの大手サロンでは特定の皮膚科と提携をしていて、万一の皮膚トラブルなどが生じた場合でも皮膚医による対応が可能となっています。

また、施術に関しても大手のサロンなどでは、脱毛についての研修をしっかりと受けて厳しい試験に合格したエステシャンのみが施術をおこなう制度を採用しているため、知識や技術面でも安心して施術を受けられます。

美容クリニックでの脱毛について

美容クリニックで扱う脱毛マシーンでは、医療用のレーザーが使われるため、脱毛サロンで使われているマシーンの何十倍も強い威力を発揮します。
1度の施術で光脱毛の2~3倍ほどの効果を得られるので、結果的に通う期間なども短くなります。

また、美容クリニックでは、とうぜん医療従事者による施術となりますし、万一何か肌トラブルが起きた時でもその場で医師または看護師による適切な処理がしてもらえるので安心です。

ただし、その分料金もサロンに比べてはるかに高くなりますし、レーザー脱毛の場合には痛みを感じやすくなるというデメリットもあります(麻酔使用が可能なクリニックもあります)。

こうしたことをまとめて考えると、「料金が高くてもとにかく早く脱毛を終わらせたい!」という場合には美容皮膚科、「ある程度の期間がかかっても良いから安く脱毛をしたい!」という場合にはサロンを選ぶというのがベストなのではないでしょうか?

Vライン脱毛に安く安心して通いたいなら、は大手がおすすめ

Vライン脱毛で失敗をしないためには、クリニックでもサロンでも信頼のできるところを選ぶことが最大のポイントになります。
個人経営でおこなっている脱毛サロンやクリニックを否定するわけではありませんが、皮膚トラブルが起きた場合のマニュアルや予約システムなどがキチンとしているのは大手のクリニックやサロンになります。

具体的には、美容皮膚科ではリゼクリニックや湘南美容クリニック、アリシアクリニックなど、サロンではミュゼプラチナムやエステティックTBC、キレイモなどが大手の中でも特に人気ですし、顧客も多く安心してVライン脱毛を任せられます。

また、Vライン脱毛は大手の方がキャンペーンが多く、安く受けられる傾向があるため、その点もメリットと言えます。

Vライン脱毛を始めるならどこがオススメ?安く通えるキャンペーンは?

VIO脱毛でおすすめのサロン

ミュゼプラチナム

Vライン脱毛

両脇+Vライン6回:100円
Vライン2回:7,500円~

ミュゼプラチナムでは、両脇+Vライン6回で100円という破格のプランが用意されています。
ミュゼに通うのがはじめての方限定ですが、とにかく安く脱毛したいという方にオススメです。

エステティックTBC

Vライン脱毛

Sパーツ2箇所1回:1,000円

TBCでは通常価格11,680円の体験プランが1,000円となるキャンペーンを実施中。
内容は、Sパーツ(比較的範囲の広い部位)から1ヶ所、もしくはSパーツ(Vラインなど範囲の狭い部位)から2ヶ所を選んで脱毛体験ができるというもの。

しかもこのプランには、通常の光脱毛に加えて、TBCオリジナルのスーパー脱毛(1度の施術で確実にムダ毛を生えなくさせる脱毛方法)で40本のムダ毛を処理できるため、1度でもかなり目に見える脱毛効果が得られます。

VIO脱毛でおすすめのクリニック

リゼクリニック

Vライン脱毛

Vライン脱毛5回:59,800円(トライアルプラン9,800円)

リゼクリニック新規利用の方限定で、Vライントライアル5回プランというのがあります。通常のVライン脱毛5回コース59,800円のところ、トライアルプランでは9,800円という破格での脱毛が可能となります。

プランを利用できるクリニックは、仙台院・大宮院・柏院・心斎橋院・神戸三宮院・名古屋栄院・広島院・福岡天神院と限られていますがお近くにお住まいの方にはお得に脱毛できておすすめです!

湘南美容クリニック

Vライン脱毛

VIO脱毛3回:29,800円
Vライン脱毛1回:6,070円(サロンから乗り換えの方3,980円)
Vライン脱毛3回:17,410円
Vライン脱毛6回:28,750円

湘南美容クリニックでは、脱毛サロンからの乗り換えプランを実施中。
エステ脱毛から湘南美容クリニックでの脱毛に切り替えると、Vライン脱毛が1回3,980円でおこなえます。しかも、何回でも通えるので非常にお得です。

ただし、このプランを利用できるのは、湘南美容クリニックでの脱毛が初めてで、過去に利用していたサロンの契約書または、会員証が提示できる方となります。

アリシアクリニック

Vライン脱毛

全身脱毛8回:455,880円
(月額9,100円×60回、2ケ月分無料)

アリシアクリニックでは全身脱毛の8回コースが2ヶ月間無料というキャンペーンを実施しています。

通常、こうした全身脱毛のコースにはVIOは含まれないことが多いのですが、こちらのキャンペーンではVIOも含まれるため、これをきっかけに全身脱毛したいという方にはオススメです。

Vライン脱毛の事前処理について

Vライン脱毛をおこなう際に、ほとんどのサロンやクリニックでは施術1~2日前に自分でムダ毛をある程度処理しておく必要があります。
ムダ毛が伸びたままになっていると光やレーザーを照射しても毛根に反応をせず脱毛ができないからです。

Vラインに限らず光(レーザー)脱毛をおこなう際には必要となる事前処理ですが、ワキや腕など他の部位と異なり、Vラインは特にデリケートな部位なので事前処理を慎重におこなう必要があります。

Vライン脱毛の事前処理の注意点

Vライン脱毛の事前処理では電動シェーバーを使うのがベストです。
もちろん、通常のカミソリでもおこなえますが、Vラインは股関節部分などが含まれるため刃の扱いが難しく、最悪の場合、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

こうなると施術自体ができなくなってしまい脱毛をキャンセルせざる得ない状況になってしまいます。

とはいえ、わざわざ電動シェーバーを買うのはちょっと・・・、と考えるなら、カミソリでも構いませんが、その場合にはT字ではなくフェイス用のカミソリをオススメします。
T字用のカミソリでは、細かい部分に刃を当てるのが難しいため、範囲の狭いVラインのムダ毛を剃るのは危険だからです。

また、ムダ毛の事前処理はあくまでも毛根を残しておく必要があるため、絶対に毛抜きは厳禁です。
毛抜きでムダ毛そのものを抜いてしまうと毛根がなくなり、光(レーザー)が反応をしなくなってしまいます。

失敗しないVラインのムダ毛事前処理のポイント

長い毛はカットをしてから剃る

面倒だからと、長いムダ毛をそのままシェーバーで剃ってしまうと、シェーバーにムダ毛が絡まってしまい、同じ部位に何度も刃が当たってしまうため、肌荒れを起こしてしまいます。
このため、脱毛する部分のムダ毛はあらかじめハサミでカットをしてから剃るようにしてください。

アンダーヘアを剃る時には上から下に向かって剃る

毛の流れに逆らって毛を剃ると、皮膚への負担が大きくなり肌荒れを起こしやすくなります。
皮膚が比較的丈夫な腕や脚などの場合には、逆剃りでも問題ありませんが、皮膚が敏感になりがちなVラインの場合には、肌トラブルが生じることがあるので毛の流れに沿って剃りましょう。

ムダ毛を処理した後の保湿を忘れずに

電動シェーバーやカミソリの刃は、ムダ毛と一緒に皮膚表面の角質を剃ってしまっています。
このため、処理をした後の皮膚表面はバリア機能が弱く乾燥している状態です。
この状態を放っておくと、肌トラブルの原因となってしまうため、ムダ毛を処理した後はボディ用クリームなどでキチンと保湿をしてあげてください。

まとめ

今回は、Vライン脱毛について解説しました。
絶対に失敗できない部位だからこそ、今回の情報を参考に自分にピッタリのサロンやクリニックを見つけ、いつ見られても自慢できるVラインを目指してくださいね。